クルク島

クルク島

およそ1400種類もの陸上植物、何百キロにも及ぶハイキングコースやサイクリングロード、年間2500時間にもおよぶ日照時間、これらは、この島の魅力のほんの一部にしかすぎません。これらすべてが、二つのアーチをえがくコンクリートの1キロの橋で、クロアチア本土と結ばれているのです。この名高い「黄金の島」の人気の観光スポットには、古い街壁のあるクルクKrkタウン、1.8キロにもおよぶビーチがあるバシュカBaškaのほか、マリンスカMalinska、プナットPunat、ヴルブニクVrbnik、ニヴィツェNjiviceなどの街があります。島を訪れる人は、ソリネSoline入り江の薬効泥の効果も試すことができますが、その近くのキャンプ場に滞在すると、そこが一番近い場所であることがわかることでしょう。シュルリツェšurliceパスタとおいしいプレスィナツpresnac(名高いクルク風ケーキ)で英気を養ったら、海から引き揚げたヴァロメットValometスパークリングワインで、人生に乾杯しましょう。これは、固有種のヴルブニク・ジュラフティナVrbnik Žlahtinaワインを、海底で熟成させたユニークなワインです。

 

クルク

クルク・タウンは、クルク島最大の街。街壁に囲まれた街の歴史地区では、とりわけ、カンプリンKamplin広場と貴族フランコパンFrankopan家の保存状態のよい城館を訪れるべきでしょう。ここでは、夏のあいだ、さまざまな文化イベントが開催されます。フランコパン家は、クロアチア文化の偉大なパトロンや政治家、軍人さらにビジネスマンを輩出したクロアチアの歴史上の重要家系で、クルク・タウンの総督邸も、フランコパン家の邸宅でした。

 

プナットPunat

プナットPunatは、クルク島南部のアドリア海でも指折りに安全な入り江に位置しています。チャーミングな狭い路地があり、クルク島のこのエリアの珠玉、コシュリュンKošljun小島へのアクセスがよいプナットには、幅広いスポーツアクティビティのほか、施設のよく整ったクロアチア最古のヨットハーバーをもとめて、観光客が訪れ、ここからアドリア海のさらなる航海に出帆することができます。

バシュカBaška

バシュカBaškaは、クルク島で一番有名な観光スポットで、プナットから南へ10キロのところに位置しています。およそ2キロに広がる小石ビーチ、ヴェラ・プラージャVela plaža(大浜の意味)と、クロアチア史上重要なバシュカ石碑で知られるバシュカは、ハラール認証(イスラム法準拠)の製品とサービスをもつ国内初のデスティネーションとしても、名を残すことになりました。バシュカの風景の美しさは、レクリエーション活動用に整備された数多くのコースで満喫できます。