オパティヤ

オパティヤ

ロヴランやイチチ、イカへ続く道路のほかにも、オパティヤには、ヴォロスコVoloskoに至る12キロの長さの海辺の遊歩道があり、そこには、オパティヤに滞在した著名人のメモリアルが建てられています。遊歩道の建設は、初期のホテル群が営業を始めた19世紀後半に始まりました。美しく造園された公園の数々も、オパティヤを特徴づける景観のひとつです。ミラノ、ウィーン、ミュンヘンから約500キロの距離に位置するため、ヨーロッパ中央部からの訪問客にとって、オパティヤは、一番近い温暖な海で、クロアチア観光で最長の伝統を誇るリビエラの中心でもあります。アンジョリーナAngiolina公園の真ん中に位置するオパティヤ最古の邸宅「アンジョリーナ」に、おもに位置しているクロアチア観光博物館では、ヨーロッパのこのエリアの観光業のはじまりについて学ぶことができます。