フジネ

フジネ

フジネは1874年に最初のグループでのツアー客が訪れたことで知られています。そのツアー客はスシャク、リエカと周辺の海岸の村からの鉄道で訪れました。それ以前に、フジネが
拡張するカリンスカ・ツェスタは1737年にキャラバンが休息地として訪れているので、フジネはクヴァルネル、ひいては中欧最古の観光リゾートと言えます。

フジネは、ゴルスキ・コタル山地の美しい町で、海岸まで比較的近い高地にあります。清浄な自然環境、快適な宿、美味しい料理はよく知られています。シカ肉、マス、マシュルーム、森で採れる様々な果実類のデザート。近くにはヴレロ洞窟とバイエル湖やレペニツァ湖があります。夏はこれら湖での釣りや水泳を楽しめます。

コンタクト

クヴァルネル
Fužine